中国人観光局の爆買いはここ数年話題になっていますが、
最近では、爆買いだけではなく、サービス業への来客が
急増していいるようですね。

もともと中国人観光客は富裕層が多いいせいか、健康や
美容に関心が強いため、日本の化粧品や美容用品、健康
食品が良く売れていました。

お肌のケアと角質ケアが出来る「艶つや習慣

それが、商品から美容院やネイルサロンにへと拡大して
きたようです。

東京都心の人気美容院やネイルサロンではその対応とし
て中国語の表示を乗せたり中国語のわかるスタッフを
置くなどの対応し始めたようです。

また、ここ数年「日本のかわわいい」ブームあり香港、
台湾、インドネシア、タイなど中国本土からの観光客以
外にも若い女の子を中心に人気が高いです。

美容院やメイルサロンなどの観光局急増の減少は、医療
分野でも同様の現象があらわれていています。

以前から、韓国へ医療サービスを目的とした観光が
中国人観光客には沢山いて、韓国の国家戦力として
医療サービスの充実を図っていました。

それが、日本へと向かう観光客が増えてきています。
日本でも人間ドックを始め中国人観光客を始め外国人を
ターゲットにした、政策に力を入れ始めています。

家電、美容・健康食品、化粧品などのものからサービスや
体験などへと広がっていけが、外国人の日本や日本人への
接点も多様化し、より相互理解が深まって行きますね。


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »